デザインはアートとは違います

コンテンツ



デザインとアートの違い

デザイナーとアーティストの違いは何か?
ふと疑問を感じたことがある人もいるのではないでしょうか。これはデザインとアートの違いに直すことが出来ます。
2つの言葉の意味を調べてみると、デザインとは、ある対象について構成の工夫をすること。そして、アートは芸術や美術として表現される特定の材料や様式によって美を表現することを言います。

簡単に説明をしたつもりですが、これでも違いがよく理解出来ないと思います。
前述した内容を前提として、もっと噛み砕くと。
対象を作るために計画から設計をおこなうことをデザイン。
対象を創るために自信の主観、直感を参考にするのがアート。

デザインが制作であるなら、アートは創造となります。

この2つには大きな違いがあるのですが、度々同じ意味として使われたり、または違う意味なのに同じであるかのように使われています。

例えばコメントアートという物があります。
コメントアートとはネット上で配信されている動画の画面上に視聴者などがコメントを挿入することです。
確かに視覚的におもしろい、動画を楽しめるといった意味ではすばらしい機能ですが、コレをアートか?と聞かれると首を傾げてしまう人が多いと思います。


少し脱線してしまいましたが、デザインとアートの違いを理解していただけたでしょうか?
このサイトではデザインに必要となる手法や考え方、デザインをアートと勘違いしているデザイン初心者のための情報サイトとして、これからも様々な情報を発信していくつもりです。


お気に入りリンク集

探偵Research Navi
探偵に依頼する前に知りたいよくある疑問を解説します。

Mental Health News Online
メンタルヘルスケアについての情報を知りたい方にお勧めのサイトです。

世界のメトロ興信所
世界中で運行している地下鉄、メトロの歴史と近代化について紹介しています。




Copyright (C) 2013 Design Preview Make All Rights Reserved.